Archive for 1月, 2013

憲法改正の好機


2013
01.08

待ちに待った好機が訪れている。今年は日本の歴史でも最重要な年となろう。

日本は対米戦争に負けて以来、アメリカ占領軍の仕掛けた弱体化政策に翻弄され、おそらく彼らも想像しなかったくらい完璧に実現した弱体を晒している。

表面上独立国のように振る舞っていても、憲法には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とある。これは他国に安全と生存を任せたということなのだから植民地か属国の憲法でしかないのだ。だから戦争を放棄し、軍事力も放棄したのだ。他国に守ってもらうのだから軍隊などいらないというわけだ。

ところが平和を愛する国ばかりではないことが朝鮮半島で勃発した戦争で証明された。だからアメリカが守ってやるという安全保障条約が必要だったのだ。この時警察予備隊という軍隊を持つことになった。全くの丸腰ではアメリカが出てくるまでに占領されてしまうからだ。アメリカのご都合主義で軍隊を放棄し、またまたアメリカの都合で再軍備することになったわけだ。

こういう歴史上の事実を日本人は知らない振りをしてきた。本当に知らないものも多いだろう。現在の自衛隊は憲法で放棄している軍事力そのものだ。憲法違反は隠しようがない。なぜそうなったか。現に反平和国家がすぐ近くにあるからである。何人もの国民が拉致されている現実があるからだ。

社民党や共産党、その他左翼政党は反平和国家の手先だ。だから今の憲法を守ろうとする。共産中国や北朝鮮の属国になりたがっているからである。保守政党を標榜していても小沢一郎のように共産中国の属国を熱望する輩もいる。 今年こそ憲法を正しく作り直す作業を始めなければならない。日本はどこの国の属国でもないのだから。


ツールバーへスキップ