Archive for 4月, 2011

東日本大震災-非常事態


2011
04.20

既に1ヶ月以上を経過していまだに復興の目処が立っているとは云えない。とにかく被災地が広大すぎる。北海道から千葉県までの太平洋沿岸が被災しているのだ。その上福島の原発被災が加わっている。

阪神淡路の震災の時といい今回といい、どうして無能な政権の時にこのような大災害が起きるのか。石原都知事の言ではないが、何か天罰のようなものを感じざるを得ない。つまり、日本の国民が馬鹿な選択をした事に天罰が下っているのではないかという想いがある。

被災した方々にはお見舞いの言いようもないが、日本人全体の馬鹿な選択の犠牲になったのではないか。民主党をはじめ日本の社会・共産主義者には危機に関する備えの考えがない。軍隊を人殺し集団だと思っている人種には被災という危機に対処する術が最初から備わっていないのだ。なぜか。

日本の社会・共産主義者はいわば実現不可能な事を言い続ける理想主義者である。軍隊がなければ戦争ができないから戦争をしなくて済むという馬鹿馬鹿しいほどの理論の持ち主であるし、万が一のことなどは考えることすら不吉だと思う言霊信奉者なのだ。だから半ば本気で実現不可能なマニフェストをぶち上げた。現実主義者から見れば全くの詐欺としか思えなかったが、保守政党に失望していた国民はこの詐欺師集団にまんまと騙された。

日本のマスコミも社会主義者の巣窟になっているため消防や自衛隊の救援活動が報道されることが少ない。外国であれば軍隊が国民救援の最前線に立つのが常識だ。今回民主党政府は非常事態宣言をしていない。今回の災害が非常事態でなくてなんであろうか。マスコミもこのことを批判しているのは産経新聞くらいである。なぜ民主党政府は非常事態宣言をしないのか。

戦後唯一の非常事態宣言はアメリカ占領軍統治時代に出されている。

阪神教育事件(はんしんきょういくじけん)は、1948年(昭和23年)4月14日から4月26日にかけて大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党・約7000名以上による民族教育闘争、逮捕監禁・騒乱事件。阪神教育闘争とも呼ばれる。GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した。」

民主党には在日朝鮮人との関係が強い輩が多数いる。菅直人も在日朝鮮人から献金を受けていたことでつるし上げられていた矢先に今回の地震が起きたのだ。非常事態宣言を出すことで阪神教育事件を蒸し返されることを恐れているのではないかと勘ぐりたくなるのは私だけか?


ツールバーへスキップ