Archive for 11月, 2008

またまた正直者が・・・


2008
11.01

またまた正直者が更迭された。しかもこの人は職務に忠実な正に有能な公務員である。彼の言っていることはすべて本当のことでありこの人の立場からすれば当然に主張すべき事柄である。こういう人を首にしなければならないのはこの国の恥辱であろう。

空幕長の論文の要旨は以下の通り。 
一、わが国は戦前中国大陸や朝鮮半島を侵略したといわれるが、実は日本軍のこれらの国に対する駐留も、条約に基づいたものだ。日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めたが、相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。
 一、わが国は中国で和平を追求したが、その都度、蒋介石に裏切られた。蒋介石はコミンテルンに動かされていた。わが国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者だ。
 一、1928年の張作霖列車爆破事件も少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。(文献によれば)コミンテルンの仕業という説が強まっている。
 一満州帝国の人口は成立当初からなぜ爆発的に増えたのか。それは満州が豊かで治安が良かったからだ。侵略といわれるような行為が行われるところに人が集まるわけはない。
 一、日本が中国大陸などに侵略したため日米戦争に突入し敗戦を迎えたといわれるが、これも今では日本を戦争に引きずり込むために、米国によって慎重に仕掛けられたわなであったことが判明している。米国もコミンテルンに動かされていた。ヴェノナファイルという米国の公式文書がある。
 一、東京裁判は戦争の責任をすべて日本に押し付けようとしたものだ。そのマインドコントロールはなおも日本人を惑わせている。
 一、自衛隊は領域警備もできない。集団的自衛権も行使できない。武器使用の制約が多い。このマインドコントロールから解放されない限り、わが国は自らの力で守る体制がいつになっても完成しない。
 一、日本軍の軍紀が厳正だったことは多くの外国人の証言にもある。わが国が侵略国家だったというのは正にぬれぎぬだ。

これは正に正論である。まともな制服組なら正確に歴史を知らなければならないのは当然であろう。軍事的行動も研究すれば正しい歴史は自ずと知れるものである。この人はクビを覚悟で現在の政治見解に一石を投じたのであろう。少し安心したのは私だけではあるまい。日本の制服組はまだ信用できるということだ。


ツールバーへスキップ