2014年9月11日 - 雑事雑談    No Comments

朝日の謝罪会見

2時間に及ぶ朝日新聞の記者会見を見た。
主は福島原発所長の故吉田氏の調書に関する誤報の取り消しとお詫びだったが、当然に「従軍慰安婦」に関する「吉田証言」問題に質問は及んだ。

福島の吉田調書に関するものは記者の思い込みが原因と部下のせいにして開き直り、役員である編集責任者を解任すると発表したが、社長は改革検証後に考えると言うに留まった。

結局、誤報に対する批判が多くなり購読者の減少に焦って、とりあえずお詫びしておこうと思った程度の会見だった。「従軍慰安婦」の件に関しては開き直ったままだった。植村のねつ造記事には相変わらず「ねつ造ではない」と言い切った。

記者の質問にも「批判の数や購読者の減少はどの位だったのか」というものがあったが、答えなかった。相当なものになっていると思う。

記者の質問の中に、「慰安婦問題と吉田調書に関してどちらが重要と考えるか」という実に的を射たものがあったが、社長は「吉田調書だ」と答えた。やはり朝日は確信犯なのだ。

吉田清治のねつ造は日本人全体を貶めた重大事だ。それをねつ造と発覚してからも知らぬ顔をして訂正もしなかった上に、今でも強制性は否定できないと言い切っているのだ。吉田証言がデマであったことで強制性の根拠はなくなっているのにである。朝日は意図的に吉田証言を使って反日記事を垂れ流したのだ。確信犯なのである。

植村のデマ記事も同様である。証言者の韓国女性は強制されて慰安婦になったとは一言も言っていない。母親に売られた上に、義父に騙されて慰安婦にされたと証言しているのである。植村はそれを旧日本軍に強制されたと書いたのだ。これがねつ造でなくて何だというのか。

朝日は読者の減少に焦ったに違いない。謝れば済むと高をくくっているのだ。こんな新聞はやはり廃刊にすべきである。

コメントするにはユーザー登録してくださいね。

ツールバーへスキップ