たかまさ's WebSite

Category Archives: 雑事雑談

テレビ不要論

テレビ番組を見なくなって久しいが、既に不要ではないかとさえ思う。不要というより昨今の日本のテレビ番組は害毒にさえ思える。 24時間チャリティーなどと銘打って芸能人が大挙して出演する番組が、視聴者にはチャリティーを要求しな […]

頑張らない愚かさ

いつのことからか判然としないが、「頑張らない」とか「無理をしない」とかをさも良いことのように広めた医者がいて、当初は病人や老人に向けたことのようだったが、それを子供におもねる大人や、生徒におもねる教師や、子供におもねる親 […]

共産主義者の本音

共産党の議員がNHKの番組で軍事費を「人殺しの予算」と言って物議を醸した。 他党の出演者からは「言い過ぎだ」とか「訂正しろ」とか反論が出たそうだが、共産主義者にとっては別に常識的なことで言い過ぎなどではないのだ。共産主義 […]

英国のEU離脱

19世紀に世界をほぼ征服した大英帝国は、20世紀半ば日本軍によってアジアの植民地を失い国力は低下の一途をたどった。現在でも16か国が連邦に所属しているが、既に過去の栄光はない。代わって世界の主導権を握ったアメリカも国力は […]

ケントさんに励まされ

ケント・ギルバート氏がPHP研究所から出した「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」という本を読んだ。 昨年の6月に出版され既に13刷を重ねているというからすごい。私にとっては全て知っていることばかりだが、戦後の歴史を知 […]

共産党という不平等組織

共産主義は自由より平等を重んじる主義だ。自由は格差を認めることであり結果的に貧富の差も生む。ところが歴史的には権力や身分という特権階級に富が集中してきたために、貧富の差は怨嗟となり革命の原動力となった。特に身分差別や宗教 […]

グローバル化=無国籍化

国際化とかグローバリズムなどが世界のすう勢だとかで乗り遅れないようにしなければならないといわれて久しいが、確信的な反日マスコミはともかく、日本人は本当の意味がわかって使っているのだろうか。 国際化やグローバリズムは簡単な […]

宇宙からは国境は見えない?

「宇宙から地球を見ると国境などどこにも見えない」 当たり前のようなことだが、これを宗教団体が宣伝に使うと”国境などがあるから人類は平和になれない。我々は人類の平和を希求する”という話になる。ところが「地球上に国境という線 […]

反日思想の源流

1970年代、大森勝久は新左翼の理論として太田竜の窮民革命論やアイヌ革命論などの影響を受け、更に梅内恒夫の手記「共産主義者同盟赤軍派より日帝打倒を志すすべての人々へ」が、その理論的形成のきっかけとなった。「反日亡国論」は […]

「死の商人」が残した賞

ご存じノーベル賞はダイナマイトを発明したノーベルが、死んでから「死の商人」と言われるのを恐れ、嫌って、後世人類に貢献した人々に財産から支援金を授けるために遺言した賞である。 ノーベルの財産は戦争で爆薬が使われるたびに増え […]