たかまさ's WebSite

Category Archives: 雑事雑談

歴史を知らない愚かさ

数年前に別のブログに書いた記事だ。何度でも言う必要があると思うのでここに掲載する。 日本の左翼思想家は日本という国の体制を根底から変えたいと思っている。天皇家が日本に君臨しているなど、どうにも我慢がならないのだ。真面目な […]

劣化に突き進む情けなさ

座間市で発覚した9人もの人を殺害した犯人の心情や動機は、不可思議と云われて犯罪学や犯罪心理学の学者を悩ましているという。そもそも推理小説などと違って現実の事件は短絡的な動機や感情的な暴走で起きることが多く、謎でも何でもな […]

日本人の劣化2

路上に無人の自動販売機が常にある光景は日本だけだと云う。他国では例外なく壊されるか盗まれるので置くことができない。日本人の民度の高さを象徴する話だが、もっと凄いのが田舎にある無人の野菜販売所だ。 日本では農家の道路側出入 […]

江戸時代に見習え

この記事は去年別のBlogに投稿したものだが、再掲することにした 江戸時代は支配階級の武士が質素を旨として、権力に富はつながっていなかった。現代の時代劇に登場する悪代官や悪徳商人の越後屋はフィクションでしかない。武士が金 […]

在日外国人の参政権

以下の文章は8年も前に投稿したものである。何度でも言わないとすぐに忘れる日本人は多いのでまた掲載することにした。衆院選挙がまたある。在日外国人に参政権を与えようとする政党や議員候補者に投票することは日本を危うくすることだ […]

マスコミ不要論

アメリカは民主主義国の代表のように思われているが、その世論はマスコミによって扇動され形成されてきたといって良い。アメリカで新聞が一般的になったのはほんの100年ほど前のことだ。19世紀末期スペイン・ポルトガルの世界制覇は […]

”知らなかった”と知ることが重要だ。

この本は月刊「正論」に掲載された筆者のコラムをまとめたものだ。おそらく「正論」や「産経新聞」などを読んだことのない人にとっては知らないことばかりが書いてあるはずだ。筆者・高山正之氏は産経新聞社の社会部次長を経て、テヘラン […]

読まずに反対する愚者

60年、70年安保闘争に狂奔した学生運動家たちはろくに日米安保条約を読みもしないで反対運動をしていた。「憲法を守れ」と言って、もっともらしいことを言う輩も、憲法をよく読んでなどいない。中身も知らずに反対だの守れだのと主張 […]

日本は君主国

日本は立憲君主制の国だ。 日本国憲法で天皇は国民統合の象徴と書いてあるが、れっきとした君主である。君主とは何か解らなくなっている国民が日本人である。明治以後日本はアメリカに負けて憲法を書き換えられたが、天皇は今でも日本の […]

韓流の裏側

最初に韓流を流行らせたのはNHKだったが、拍車をかけたのがフジテレビだった。なぜに産経グループの一員ともあろうものが、韓流などという愚にもつかないことを流行らせたのか。頭初はよくわからなかったが、別の気になっていたことと […]