たかまさ's WebSite

Category Archives: 歴史探訪

日本建国の歴史

戦後の三流学者がすったもんだした挙げ句、日本の建国の歴史をねじ曲げてしまった典型的な例が「邪馬台国が後の大和朝廷である」かのようなデタラメである。そもそも「邪馬台国」や「卑弥呼」のような文字はわざわざ卑しい文字を使ってい […]

日本の一族は皆親籍

この記事は4年前に投稿したものだが、歴史的に不変なことなので再投稿することにした。 日本には氏姓が元は四つしかないとされる。天皇は氏姓を持たず分家や家臣に氏姓を授けて行ったのである。源平藤橘(源氏、平氏、藤原氏、橘氏)の […]

日本という唯一無二の国

我が国は世界で唯一、2600年以上も君主の家系が途切れることなく続いている古代国家である。故に、その文化はどこにもない、どことも似ていない無二のものである。 第122代明治天皇が即位(1868年)して真っ先に行ったのは、 […]

光秀の謀反

最近、明智光秀が信長を襲った10日後に、反信長勢力の諸侯に宛てた直筆の手紙が発見されたそうだ。その内容は15代足利将軍の擁立に与するようにというものだったという。 光秀の信長暗殺の目的は足利幕府の再興だったわけだ。 信長 […]

歴史の必然

日本がロシアを破ってからというもの、世界の日本に対する評価は2分された。ロシアに侵略され虐げられていた北欧3国、ユダヤ人や白人種に虐げられていた有色人種は喝采を送った。一方有色人種を征服し植民地として奴隷化していた白人種 […]

歴史戦という戦争

日本人は対米英戦争(日本では大東亜戦争、アメリカの言う太平洋戦争)敗戦後、戦争といえば武器をとって戦うことだけと思っているが、戦争には情報戦、宣伝戦、経済戦など様々な形態がある。目的は相手国を貶め外交や貿易を有利に進める […]

江戸時代を見習え

江戸時代は支配階級の武士が質素を旨として、権力に富はつながっていなかった。現代の時代劇に登場する悪代官や越後屋はフィクションでしかない。武士が金儲けに奔走したことなどないのだ。物質的豊かさは決して人間の幸福感には繋がらな […]

アメリカという邪悪

アメリカという国は中世を経験していない。つまり封建時代を経ずに近代化した国である。従って他国が中世で培った武士道や騎士道にある敗者を思いやる精神を知らない。正義は常に勝者にしかなかった。この考えは支那大陸の共産中国にも共 […]

家紋にまつわるetc

この家紋は「隅切り角に酢漿草(かたばみ)」という。我が家の家紋だが、鎌倉時代以降一般によく使われた家紋だ。我が家は元は「塩水」という姓を幕末には名乗っていたそうだ。藩公から高祖父が賜ったという記録が残っている。賜ったとい […]

日本の戦争

日露戦争における日本軍の完全勝利は世界の歴史を変えた一大事だった。1904年(明治37年)〜1905年(明治38年)のことである。それまで白人種と有色人種との本格的対戦はなかった。常に白人種が有色人種を征服し奴隷化してい […]