たかまさ's WebSite

Category Archives: 時事問題

無批判人間を生む教育

洗脳教育は無批判な人間を生み、体制が崩壊した時には正反対の思想に染まってしまうものだ。戦前の皇国教育がまさにそうだった。子供を洗脳して天皇を神と崇める教育は、唯一神を盾に有無を言わさずに攻めてきたキリスト教徒の横暴に立ち […]

ニュースの背景

トランプ大統領のいわゆる移民拒否令にアメリカ企業の100社以上が反対の声明を出しているというニュースが流れた。トム・ハンクスなどの俳優たちの反対意見も新聞などが報道しているという。90年前のアメリカでは新聞各社が排日運動 […]

アメリカの理不尽さ

トランプ大統領の物言いがまるで大東亜戦争開戦前夜のルーズベルト大統領の物言いに似てきている。トランプ大統領は対日貿易赤字の原因が日本側にあるという。しかしほとんどを占める車の貿易赤字は別に日本側に問題があるわけではない。 […]

アメリカの移民入国拒否

歴史は繰り返すというが、トランプのアメリカは移民で成り立ってきた自らの国体を無視して、中東からの入国者を拒否し始めた。もっとも移民の国と言っても所詮白人種の移民で成り立ってきた国だ。白人種以外の移民を拒否してきたのは別に […]

隣国の原発事故

原発反対論者に聞きたいことがある。韓国や支那大陸の原発には反対しているのか。デモや抗議はしているのか。大陸の原発が事故れば、死の灰は偏西風に乗って確実に日本に降り注ぐ。原発の管理がきちんとできているとは到底思えないが、韓 […]

心の目

同じ物を見ても正反対の感慨を持つことがある。その理由は心根にある。どういう気持ちでいるかで物の見方が違ってくるのだ。 吉田照美という同年代のフリーアナウンサーがいる。この男、安倍総理を怪獣に例えた油絵を描いて公開し、賛否 […]

知識人の認識

古田博司・筑波大学大学院教授の記事が今日(1月19日)の産経新聞に載っているが、朝鮮半島国家や支那大陸国家は近代化し損なった、もしくは近代化の意思がなかったと分析している。彼らには中世がなかったために何かあると古代に回帰 […]

韓国は未開の国

いつものことだから別に驚かないが、相変わらず韓国は身勝手なことをしたり言ったりしている。日韓合意に反して慰安婦像を撤去しないし、「蒸し返さない」と約束しても守らない。金だけは受け取って知らんぷりをしている。そもそもこうい […]

トランプのアメリカ

どうなるかわからなかったアメリカ大統領選がトランプに決まった。政治家経験のない大統領の誕生だが、不動産業のように国政が操れるかどうか。 それにしても貧乏な白人たちが多い田舎のアメリカ人たちが選んだのが、不動産王の億万長者 […]

憲法改正議論

「押し付けだろうが何だろうが良いものは良いのだから守るべきだ」という馬鹿な議論が行われているという。護憲派と呼ばれる無知蒙昧な人々の主張らしい。考えても見よ。現憲法は日本が米軍の占領中に改正されたものだ。我が国には主権が […]