日本は存在するのか

人生100歳時代と云われているが、今年の「土光杯全日本青年弁論大会」で20歳の学生が80年後に日本は存在しているのかという弁論を展開したそうだ。もちろん自分の国を自分で守れない現在の憲法を憂いてのことだ。現憲法は「日本は […]

続きを読む 日本は存在するのか
1月 14, 2019

売られた喧嘩

日本という国は歴史的に他国に喧嘩を売ったことがない。常に売られた喧嘩を買ってきた。しかも大抵渋々だ。喧嘩を買うのが遅すぎて犠牲が多く出たこともある。シナ大陸での事変などがその例だ。人間でも同じだが強い者が喧嘩を売ることは […]

続きを読む 売られた喧嘩
12月 30, 2018

確信犯・植村隆(元朝日新聞記者)

元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった植村隆氏が、記事を「捏造」と書かれ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの櫻井よしこ氏と原稿を掲載した出版社3社に損害賠償や謝罪広告掲載を求めた訴訟の判決が9日、札幌地裁であった。岡 […]

続きを読む 確信犯・植村隆(元朝日新聞記者)
11月 11, 2018

対ポーランド戦

FIFAワールドサッカーでグループ最終戦に臨んだ日本代表チームが、負けていながら最後の10分間に見せた消極的とも思える戦術に賛否両論だという。日本の武士道的にはもっと正々堂々と最後まで積極的に攻めて戦うべきだったという考 […]

続きを読む 対ポーランド戦
7月 1, 2018

確証なしの糾弾、同調するバカ

このところのマスコミに踊らされた野党の安倍内閣攻撃は、バカ丸出しで恥も知らない国費の無駄使いばかりである。国会の費用は1日に3億円だそうだ。審議拒否を続けた野党は9連休を楽しんだ輩もいたという。そういう輩にも国費は払われ […]

続きを読む 確証なしの糾弾、同調するバカ
6月 3, 2018

平和憲法のお陰・・

北朝鮮の金正日と金正恩親子はディズニーランドが好きだったようで、何度も東京ディズニーランドに来たそうだ。もちろん偽造パスポートや偽造身分証で来ていたのだが、日本の入国管理は杜撰で見逃していたということになっている。しかし […]

続きを読む 平和憲法のお陰・・
5月 24, 2018

共産中国の経済侵略

援助を受けていたはずが、巨額の借金を抱えた上でインフラも奪われる-。中国が推し進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」が生み出す巨額債務への警戒感がここに来て急速に広がっている。米シンクタンクは、債務返済が困難とな […]

続きを読む 共産中国の経済侵略
5月 7, 2018

セクハラは言語道断だが・・

財務省トップの役人がセクハラで辞めた。ノーパンしゃぶしゃぶや不倫などで高級官僚が辞職したりスキャンダルになったり、かつての日本の品格が地に墜ちていることが情けない。文科省にも「面従腹背が座右の銘」と言って憚らなかった天下 […]

続きを読む セクハラは言語道断だが・・

安倍首相は官僚と闘っている

税金をもっとむしり取りたい財務省や、規制を盾に利権を手放さない文科省などに対して、規制緩和や景気優先で行政改革をしているのが安倍首相だ。家計学園の件は岩盤規制とまで言われた文科省の獣医学部新設規制を打ち破って行政改革を達 […]

続きを読む 安倍首相は官僚と闘っている

地球温暖化の嘘

地球温暖化はCO2が原因だというので日本は対策に多大な金をかけている。しかしこのところの異常な寒冷化は、温暖化はどこにいったとでも言いたくなる状況だ。世界でも怪しくなったと感じている証拠に、各国が温暖化対策費を削減してい […]

続きを読む 地球温暖化の嘘
3月 9, 2018

天変地異と日本人

その昔日本人は天変地異を怨霊の仕業と信じていた。この世に恨みを残した高貴な人々の怨霊が祟って、地震や噴火や暴風雨、雷をこの世に起こすと信じていたのだ。疫病もその一つであった。 それら天変地異を鎮めるには怨霊の元を慰めて崇 […]

続きを読む 天変地異と日本人
1月 26, 2018

朝鮮という厄介な国・民族

現在は北と南に分かれている朝鮮だが、歴史的には4世紀ごろからの高句麗、新羅、百済の三国時代を経て、統一新羅240年、高麗470年、李氏朝鮮500年という王朝が半島を治めてきた。これらの王朝はそれぞれ支那大陸の統一王朝の属 […]

続きを読む 朝鮮という厄介な国・民族
1月 11, 2018