「従軍慰安婦」というデマ

従軍慰安婦問題を信じ切っている善良な君の疑問に答えようと思う。

「日本軍が無垢の朝鮮人女性を性の慰みものにしたというのに、戦後すぐに問題にならず、ずいぶんと時間がたってから問題視されるようになったのはなぜなんだろうか」という疑問を抱く人がいるという。もちろん日本軍がそういうことをしたということは疑わずにである。そして「慰安婦として名乗り出たのは精々数十人であることも不思議だ」という。もっといてもいいはずなのにと。

大陸での日本軍の周りに慰安婦がいたことは事実である。慰安婦とは戦時売春婦のことだ。彼女たちはほとんどが親に売られた人々である。日本でも戦前の不況時代にはドラマ「おしん」のように口減らしと称して身売りすることは別に珍しくはなかった。朝鮮では特に儒教のせいで親の言うことは絶対である。しかも女は男の持ち物程度の地位だったから売られることなどは普通に行われていた。

日本軍以外の軍隊ではどうだったか。キリスト教国では売春は禁止されているから自国の女性を慰安婦として連れて行くことはできない。全て現地調達だ。つまりは現地の女性を強姦すれば済むことだった。アメリカ軍などは日本を占領した際にあちこちで強姦事件を起こしたが「自由恋愛だ」と言って問題にしなかった。中国人は自国民だろうが他国民だろうがお構いなしで女は強姦するものであった。実に日本軍だけが慰安婦を周りに置いておいたのだ。もちろん民間人の営業である。軍が運営していた事実はない。従軍看護婦はいても従軍慰安婦などいないのである。「従軍慰安婦」という言葉がそもそもでっち上げなのだ。

なぜ「従軍慰安婦」などいないのかというと、軍が慰安婦を強制的に集めるなど必要ないからだ。強制的に集めるくらいなら兵士の自由にさせればいいからである。日本以外の軍隊は兵士の自由にしておいた。だから強姦が起きて混血児が大量に生まれることになるのだ。ベトナム戦争にかり出された韓国兵士はベトナムで強姦を働いて3万人もの混血児を残したことが知られている。

なぜ日本軍だけが慰安婦を利用していたのか。 簡単なことである。日本軍は兵士に対して現地での略奪・強姦を厳しく禁止していたからだ。

屈強の若い男子ばかりの軍隊で性欲の衝動をどう抑制するかは太古の昔から難しい問題だった。ほとんどは放っておいた。だから強姦は戦争にはつきものだったのだ。蒋介石などは烏合の衆の国民政府軍を鼓舞するために略奪・強姦を奨励さえしたほどである。日本でも戦国時代の戦争目的は略奪と強姦だった。 明治以降の日本軍の伝統は武士道の実践であった。武士道とは弱きを助け強きを挫く精神である。戦場でか弱い婦女子を強姦することは武士道に反した。

第1次大戦では軍律の厳しさで世界を驚かせた日本軍である。日本軍が支配すれば治安が守られた。現地女性を強姦することを厳しく禁止したのも当然のことだったのだ。そのために慰安婦は不可欠だった。もちろん兵隊たちは金を払って性交渉をした。慰安婦の中には一財産作った者もいたのだ。そういう記録はたくさん残っている。 こういうことは戦時中や戦後も常識として皆が知っていた。だから全く問題にならなかったのだ。戦時中に女を金で買う軍隊など日本軍くらいのものだったのだ。それほど軍規は厳しかったのである。もちろん無駄な殺戮などするはずもなかった。何しろ貧乏だったので弾薬も限られていた。

一方、支那人は面白がって人を殺した。朝鮮人にも同じようなところがあるが、支那人は数百種にものぼる死刑の方法を考えたり、公開死刑を娯楽にしていた歴史がある。支那大陸で行われたというむごたらしい虐殺はほとんど支那人の仕業だ。手足を引きちぎったり、鼻や耳をそいだり、陰茎を切ったり、腸を引きずり出したりする殺し方は日本人にはできない。もちろん軍隊がわざわざそんな殺し方はしない。

ところが1982年に「慰安婦として朝鮮人女性を強制連行した」と告白する者が現れたのだ。吉田清治という共産主義者だ。済州島で強制的に島民を連行して慰安婦にしたという証言をしたのである。もちろん朝日新聞が飛びつき大々的に記事にした。吉田は英雄的告白者として共産主義者たちや偏向マスコミに祭り上げられ、韓国に行って元慰安婦とやらに土下座までしてみせた。しかしこれが全くのでっち上げだったのである。今では全てが捏造だったと吉田自身が告白しているので事実無根の話だとわかっている。朝日新聞は32年間もしらばっくれていたが、別のねつ造事件のついでに吉田の証言は嘘だったと認めた。

なぜ吉田清治はそんな嘘をついたのか。吉田は物書きだったことになっている。終戦後共産党から下関市議会議員選挙に出て落選している。定職に就かず朝日新聞の懸賞論文に採用されて賞金を得たのをきっかけに、戦時中の経験談を書くようになった。その結果朝鮮慰安婦を拉致したというフィクションが受けることを知ったのだ。実にさもしい男である。

吉田のねつ造が発覚して8年後、沈静化したこの問題を復活させた者がいた。朝日新聞社の共産主義者・植村隆という記者だ。反日工作のために旧軍の悪行をでっち上げようとしたのだ。母親に売り飛ばされて伎生になり、さらに叔父に騙されて売春婦にさせられた朝鮮人女性のことを「女子挺身隊という慰安婦にさせられた被害者が現れた」というねつ造記事を書いたのだ。植村の妻は韓国の太平洋戦争犠牲者遺族会の常任理事・粱順任の娘。粱順任は日本政府に対してアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を起こし、日本政府からの補償金に絡む詐欺事件で容疑をかけられた人物だ。また共産主義者の学者・中央大学教授吉見義明も反日活動のため講演などでデマを広めた。

ちなみになぜ共産主義者がこうした反日的行為を繰り返すか知っているか?

日本の共産主義者は日本が共和制になるためには天皇制を打倒しなければならないと知っている。そのためには旧日本軍がひどいことをしたというデマを流して、その責任を天皇に取らせようとしているのだ。当然に意図的に嘘をついているのだから確信犯なのである。日本人を貶めることになろうが、祖先を裏切ることになろうが共産主義者にとってはどうでも良いことなのだ。

少しは疑問が晴れただろうか。日本軍は世界一軍規が厳しい軍隊で、略奪も強姦も虐殺もしない世界一強い軍隊だったのである。支那大陸では無敵だった。