たかまさ's WebSite

Author Archives: takamasa

セクハラは言語道断だが・・

財務省トップの役人がセクハラで辞めた。ノーパンしゃぶしゃぶや不倫などで高級官僚が辞職したりスキャンダルになったり、かつての日本の品格が地に墜ちていることが情けない。文科省にも「面従腹背が座右の銘」と言って憚らなかった天下 […]

安倍首相は官僚と闘っている

税金をもっとむしり取りたい財務省や、規制を盾に利権を手放さない文科省などに対して、規制緩和や景気優先で行政改革をしているのが安倍首相だ。家計学園の件は岩盤規制とまで言われた文科省の獣医学部新設規制を打ち破って行政改革を達 […]

地球温暖化の嘘

地球温暖化はCO2が原因だというので日本は対策に多大な金をかけている。しかしこのところの異常な寒冷化は、温暖化はどこにいったとでも言いたくなる状況だ。世界でも怪しくなったと感じている証拠に、各国が温暖化対策費を削減してい […]

神話を教えない愚

4年前に他のブログに書いた記事だ。再掲する。 世界の民族にはそれぞれ特有の民族の起源を表す神話が存在する。似たようなものが多いが、世界の宗教も経典には神話の世界が描かれている。もちろん事実だけを書いたものではない。歴史書 […]

天変地異と日本人

その昔日本人は天変地異を怨霊の仕業と信じていた。この世に恨みを残した高貴な人々の怨霊が祟って、地震や噴火や暴風雨、雷をこの世に起こすと信じていたのだ。疫病もその一つであった。 それら天変地異を鎮めるには怨霊の元を慰めて崇 […]

朝鮮という厄介な国・民族

現在は北と南に分かれている朝鮮だが、歴史的には4世紀ごろからの高句麗、新羅、百済の三国時代を経て、統一新羅240年、高麗470年、李氏朝鮮500年という王朝が半島を治めてきた。これらの王朝はそれぞれ支那大陸の統一王朝の属 […]

政治不信を煽る者

松本清張の小説は中学生の頃に出会って以来愛読してきた。既に50年になろうとしている。清張没後25年も経っているので新刊はないがどれも珠玉のものだと思っている。しかし清張の思想には共感できるものはあまりない。清張は共産主義 […]

日本人の劣化3

日本が中世階級制度を破棄して国民国家になった明治時代だったが、依然として階級は存在していた。皇族、貴族、華族、平民という階級だ。皇族と貴族は昔からの家柄で支配階級であった。華族は明治維新に貢献した武家から新たな階級として […]

「原発反対」と「9条を守れ」は共産中国の戦略だ。

この記事は2年前のものだ。いよいよ台湾を併合しようとしている共産中国の動きを今一度注意喚起しておきたい。 「安全保障法制」を「戦争法制」と言い換えて「戦争に巻き込まれる!」と叫び続けた民主党や共産党の馬鹿騒ぎは、法案が通 […]

歴史を知らない愚かさ

数年前に別のブログに書いた記事だ。何度でも言う必要があると思うのでここに掲載する。 日本の左翼思想家は日本という国の体制を根底から変えたいと思っている。天皇家が日本に君臨しているなど、どうにも我慢がならないのだ。真面目な […]