朝鮮人は雇えない?

韓国のいわゆる旧徴用工賠償判決は日本における朝鮮人の雇用に問題提起をしたと言えないだろうか。朝鮮人は日本で正規に雇用されていたとしても、いつ何時搾取されたと言い出して訴えてくるか判ったものではないということが解ったからだ。

個人的には信用できても国家として利用されることが明らかになったと言えるだろう。これから先はいくら人手が足りないといっても朝鮮人は雇わない方が良い。先々どんなイチャモンを付けられるか判ったものではない。

おそらく今の韓国は北朝鮮主導で統一され飲み込まれるに違いない。日本の企業は一刻も早く韓国から撤退すべきだと思う。そうしないと半島統一の前夜には国営化されるに違いないからだ。根こそぎ取られてしまうはずだ。

朝鮮はわずか100年前には前近代的な古代国家だった。1割にも満たない貴族階級が国民を虐げていた極貧の国であった。残酷な公開死刑を唯一の娯楽にしていたような野蛮な国だったのだ。それを日本は国防の要と考えてお節介にも近代国家にしようとした。

電気も下水道も道路も鉄道も何もかも無かったところへ投資をしてダムを造って下水道を整備して道路を造って鉄道を走らせた。まったくもって余計なことをしたものである。彼らはそれらを恨んでいるのだ。日本は朝鮮人に良いことをしたのではない。余計なことをしたのだ。金を使って恨まれるほど馬鹿馬鹿しいことはない。二度とそうならないようにしなければ我々の子孫に申し訳が立たない。

今後は日本では朝鮮人達を決して雇わないことである。南北統一の暁には大挙して難民朝鮮人達が流れ込んでくるに違いない。彼らを雇ったりしたら何十年か先に搾取された、虐待されたと言い出して賠償しろと騒ぎ出すに違いない。余計なことはしないようにしようではないか。似たような顔をしていて中身は全く違う人種なのだ。

朝鮮人は歴史的に嘘をつくことを悪いこととは思ってこなかった。嘘が必要な場合が多かったからだ。正直でいるととても生きていけない国情だったのだ。約束もそのまま守ろうとは思っていない。都合が悪くなったら約束など忘れてしまうのが常だ。歴史的に法律が守れない国情だったからだ。法律がないわけではないが守っていたら生きてはいけない国情だったのである。

特に役人天国だったので地方の役人が勝手に法律を作って税金などを取り立てていた。正直に申告していたら根こそぎ持って行かれた。だから嘘を言ってごまかさなくては生きられなかったのだ。役人が法律を守らないのだから国民が守るはずがないのだ。今でも朝鮮人はどこに行っても法律を守らない。中国人と大して変わらない。朝鮮人は中国人を見習ってきたからだ。

ちなみに中国人も雇わない方がいい。いつ何時強盗になってしまうか解らないからだ。留学生として入国してきて強盗団になった中国人はごまんといる。彼らを日本人と同じ文明人と思ったらとんでもないことだ。今の中国人は文化大革命で親戚や仲間を殴り殺してきた連中や甘やかされて育ったその子供達だ。いつ何時凶暴になるか判ったものではないのだ。別に差別でも何でもない。事実である。