たかまさ's WebSite

品性下劣な元官僚

ついこの間、東大出の高級官僚ほどロクなものではないと書いたが、正に豊田真由美議員はその典型だ。品性下劣を絵に描いたような御仁ではないか。試験エリートなどは、ことほど左様にロクなものではないのだ。

名門高校に行って東大を出て官僚になったような人間は自分が一番だと思っている。議員になってしまってからは天下を取った気分でいたに違いない。誰もが自分の家来で奴隷みたいなものだ。何をしても許されると思っていたに違いない。

朝鮮では李朝時代に高級官僚の両班が身分の低い者、とりわけ奴隷をいじめ抜いていたという。道を歩いていて少しでも気に障ることがあれば、両班たちは下層階級の者を殴ったり蹴ったり、時には腕や足をへし折ったりして憂さを晴らしていたという。下層階級の者は反抗もできず泣き寝入りするしかなかった。品性が伴わない特権階級者は自分より階級が下の者、弱い立場の者をいじめることで憂さを晴らし、時には楽しんだりする。

田中角栄の娘、田中真紀子も秘書や役人を陰湿にいじめるので有名だったそうだ。生まれながらの天下人の娘で品性が伴わなければそうなってもおかしくない。東大卒の高級官僚も品性が伴わなければ豊田議員のような醜い人間になってしまう。そういう人間を国会議員などに選んだ選挙民こそ恥じるべきだろう。支援者とやらは品性下劣な人間を支援してどうするつもりだったのだろうか。それとも知らなかったのか。

民主主義とは選ばれるべき人が選ばれて、代表となって公共のために尽くす制度のことだ。もっと選ばれるべき人を探せと言いたい。行政を経験した人間を立法に就かせては駄目である。役人はどこまでいっても役人のための仕事しかしない。役人とは税金を食いつぶす存在だ。だから選良が必要なのだ。選ばれるべき人間は試験エリートなどではない。役人を監視できる無私の選良が議員になるべきなのである。

田中真紀子は正体がばれて政界から消えた。豊田などは即刻国会から追い出すべきである。