たかまさ's WebSite

忠誠心はあるのか

自分たちの過去の言動は忘れ、高飛車に他者を非難する。そんな新聞や野党の二重基準には、つくづくうんざりする。学校法人加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、義家弘介文部科学副大臣が、文書を流した文科省職員を守秘義務違反で処分する可能性に触れたところ、袋だたきに遭った件である。

 ▼「政権は文書の存在を語る者の口を封じるような行いさえした。(中略)考え違いもはなはだしい」。16日付朝日新聞社説がこう批判すれば、同日付毎日新聞社説も息を合わせて糾弾する。「告発への威嚇ともとれる発言だ。政と官の関係のゆがみの表れだろう」。
 ▼民進党の蓮舫代表も「保護しないといけない者を処分の対象とする。安倍晋三内閣の姿は、絶対に許してはいけない」と息巻いていた。われこそは正義の味方とばかりにかさにかかっているが、ご都合主義が過ぎる。
 ▼平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で、中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりする事件があった。当時の民主党の菅直人内閣は海保が即日公開する予定だった衝突映像を隠蔽(いんぺい)したため、海上保安官だった一色正春氏が義憤にかられ、映像をインターネットに流した。
 ▼この時、朝日社説は「政府や国会の意思に反することであり、許されない」、毎日社説は「国家公務員が政権の方針と国会の判断に公然と異を唱えた『倒閣運動』でもある」と決め付けた。菅内閣の仙谷由人官房長官は「由々しき事件だ。徹底的に調べないといけない」と強調していた。
 ▼菅内閣の「ご意向」に反する公務員はけしからんと説いた新聞が、今では文書を漏らした職員を英雄扱いして持ち上げている。民進党ともども前非を悔いて、一色氏に謝罪して出直したらどうか。(6月17日産経抄より)

まことにコラム氏の言うとおりである。自分に都合の悪いときは同じ事象でも認めず批判してきた現野党やマスコミの正体が丸見えである。ここまであからさまにバカを晒されると精神状態を疑ってしまう。国民が忘れっぽいことを見透かしているのかもしれないが、それにしても酷いバカさ加減ではないか。

国民も確かに忘れっぽいから気を付けないといけない。共産中国の味方をするあまり、公務員が義務違反をしても、共産中国に関することだけは漏らしてならないが、そのほかは事実ならば大いに結構だという身勝手な理論だ。

このことから、現野党やそれを支援する反日マスコミは共産中国の手先だということが分かる。現政権を潰そうとしてデマやでっち上げも厭わず批判し続けているのも、共産中国の指示を受けているに違いない。今のマスコミにはNHKはじめ民放各社にも、共産中国の工作員が多数入り込んでいることは明らかなのだ。(デマに聞こえるかもしれないが事実である)

野党はただ批判のための批判をしているだけかもしれない。しかし蓮舫などは台湾籍を抜かないなど我が国に対する忠誠心は疑わしい。今の日本人は国家に対する忠誠心などはすっかり忘れているかもしれないが、国会議員や公務員などの税金で雇われている者は国家に対する忠誠心が最も問われなければならない存在だ。自衛隊にだけ国家に対する忠誠を誓わせるなど何様のつもりかと言いたい。

皇室を否定する日本の国会議員などは、本来存在してはならない。なぜなら天皇・皇室は現憲法でさえも国民総意の象徴なのだ。国民の象徴を否定する者が国民の税金を食い物にするなど言語道断だと思わないか。

蓮舫もそうだが、辻元清美も天皇・皇室を否定する輩である。最近憲法審議会では過去の言動を質問されて反省していると言ったそうだが、思想的に皇室廃絶を信じている者がそう簡単に反省などするはずがない。民進党には共産党よりも皇室廃絶思想を持った輩が多く存在するのだ。国会議員などの公人でなければ、加藤登紀子や大江健三郎などの個人は好きにするがいいが、こと政治に携わる者は全て国家に対する忠誠心を持たねばならない。理由は簡単だ。国家のために仕事をするからだ。だから外国からの献金禁止や外国人の立候補禁止事項があるのだ。公務員にも同じ理由で外国籍のものは雇ってはならない。

共産党ははなから税金を使う資格などない。議員をやるなら無給でやるべきだろう。党員からの上納金で金持ちなのだから、政治活動資金交付を断るだけでなく、無給でやるが良い。なぜなら共産党の存在意味は現国家の転覆にあるからだ。日本で共和制を敷くには皇室を廃絶しなければならないからだ。皇室を廃絶するということは国家転覆をすることになるからである。国家転覆をはかる政党を合法化したのはアメリカ占領軍だが、今でもこうした危険な政党を合法化したままの矛盾を国民は憂うべきだ。

最近日本共産党は政党名を変える動きを見せているという。名前を変えたところで思想的に変わるわけはない。ますます気を付けなければ共産中国と結託した勢力は姿を隠して国家転覆を謀るかもしれない。