たかまさ's WebSite

日本は君主国

日本は立憲君主制の国だ。
日本国憲法で天皇は国民統合の象徴と書いてあるが、れっきとした君主である。君主とは何か解らなくなっている国民が日本人である。明治以後日本はアメリカに負けて憲法を書き換えられたが、天皇は今でも日本の君主である。
明治時代に国民国家になった日本では、御誓文によって立憲君主制になった。御誓文とはどういうものか。

天皇が代々の祖先に誓いを立てた国家指針が「御誓文」である。
つまりこれが日本の民主主義なのである。天皇に独裁権はなく、全ては国民の意見を聞いて決めることとしたのだ。そのため議会制を制定した。特に衆議院(一般選挙で選ばれた議員)が最初に国家予算を審議することにした。これが民主主義である証拠なのだ。
日本の天皇は権威であって権力は持たなかった。だから政治責任は国民が選んだ政府にあったのである。だからこそ戦時中であっても総理大臣は5人も代わったのだ。このことがアメリカ占領軍の洗脳によって戦後の日本人には解らなくなったのである。
明治維新で日本は天皇を権威とした民主主義の国家になったことを知らなければならないのだ。そして天皇がいなければ国会議員も総理大臣も身分が確定しない。 アメリカ大統領は就任式で聖書に誓う。日本の総理大臣は天皇に認可されて正式に就任するのである。

日本の君主である天皇を亡き者にしようとしてきたのが共産主義者たちである。ソ連で生まれた共産主義インターナショナル(コミンテルン)は共産党の日本支部である日本共産党に天皇制打破という指令を出した。君主である天皇を滅ぼして革命を起こせという命令だ。日本共産党は今でも忠実にコミンテルンの指令を守っている。表向き「そんなことはしません」とニコニコしているのはただのポーズだ。

共産主義者は天皇を滅ぼさなければ日本で革命は実現できないと知っている。だが日本人に根強い信奉のある天皇の存在は、そう簡単に滅ぼすことができないことも知っている。だからアメリカ軍に合法化してもらったのを幸いに、日本の政治を混乱させ国勢を削ぐ行為を繰り返しているのだ。政治不信に陥った国民は革命に傾く時が来るかもしれないからである。殊更戦時中の日本を悪く言うのも、戦争責任を天皇の責任にしようとたくらんでいるからなのだ。でっち上げでもねつ造でも嘘でも平気でつくのはその目的があるからなのだ。

世界でも稀有な存在の、私心のない君主である天皇の存在は、日本人が守り抜かなければならない国の形(国体)である。共産主義者でないなら、2000年以上も続いている世界一平和で穏やかな君主国家が日本であることをよく理解することだ。