たかまさ's WebSite

英国のEU離脱

19世紀に世界をほぼ征服した大英帝国は、20世紀半ば日本軍によってアジアの植民地を失い国力は低下の一途をたどった。現在でも16か国が連邦に所属しているが、既に過去の栄光はない。代わって世界の主導権を握ったアメリカも国力は低下している。

EU構想は国力低迷に喘いだヨーロッパ諸国が新たな経済圏を構築するためのものだったが、アメリカ同様移民問題が新た火種となった。今回の離脱問題は移民による経済圧迫が引き金なのだ。アメリカも世界の警察機能を放棄し、自国に閉じ籠ろうとしている。

いよいよ日本の時代が到来する。日本人は自覚していないが世界は日本を頼りにしている。他民族から奪うだけのキリスト教徒やユダヤ教徒のやり方は既に破綻した。他民族を育て共栄する日本式のやり方が世界を救う日も近い。現代の日本人は過去の歴史を学び、先人の叡智を継ぐべきだ。共産中国は近い将来自滅する。日本はアメリカとの関係を強めて、自衛の体制を固め事に備えなければなるまい。ロシアとも新たな関係を結ばなければならないだろう。

朝鮮半島はほっとけば良い。共産中国とは自衛の構えを備えることで牽制していればいいのだ。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

CAPTCHA