たかまさ's WebSite

Monthly Archives: 6月 2015

必要性を考えろ!

一時代前までは朝日に同調していたのは左翼思想の持ち主と相場は決まっていた。ところがソ連の崩壊や北朝鮮の実態が露わになり、共産中国も左翼の理想郷ではなくなった。今や朝日の信奉者は愚か者ばかりになっている。その最たるものがき […]

唯一無二の国

我が国は世界で唯一、2600年以上も君主の家系が途切れることなく続いている古代国家である。故に、その文化はどこにもない、どことも似ていない無二のものである。 第122代明治天皇が即位(1868年)して真っ先に行ったのは、 […]

逆・教育勅語

戦後、教育勅語は軍国主義の権化のように言われ、アメリカ占領軍が抹殺してしまったものだ。しかし現在でも危険思想のように言う輩もこれをちゃんと読んでいるとは思えない。相当な教養がないと読めないだろう。読めるものなら読んでみろ […]

教育の重要性

2001年にJR新大久保駅でホームから落ちた男性を救おうとして死亡した韓国人留学生、李秀賢さん=当時(26)=の父で日韓交流に関わる李盛大さん(75)に旭日双光章が贈られ、韓国南部の釜山で16日、授与式が行われた。盛大さ […]

朝鮮という厄介者

朝鮮という国はとにかく面倒な国だ。支那が元朝の時代には朝鮮は高麗朝だったが、屈服させられて元寇の手先になった。手先と言っても、対馬の島民をむごたらしく殺しまくり、元軍と一体だったのだ。だが、鎌倉武士の必死の抵抗で九州へは […]

歴史を知らない愚かさ

日本の左翼思想家は日本という国の体制を根底から変えたいと思っている。天皇家が日本に君臨しているなど、どうにも我慢がならないのだ。真面目な共産主義者は専制君主と立憲君主の区別などどうでも良いと思っているのだろう。いずれにし […]

9条にノーベル賞を?

日本国憲法第9条をノーベル平和賞に推奨している団体はどんなつもりで活動しているか、未だに朝日新聞しか読んでいない人々の中には、善意で賛同している人もいるだろうから教えてあげようと思う。 経緯はこうだ。座間市の一主婦(鷹巣 […]

憲法9条にノーベル賞を?

日本国憲法第9条をノーベル平和賞に推奨している団体はどんなつもりで活動しているのだろうか。 経緯はこうだ。座間市の一主婦(鷹巣直美)が発案したというこの運動を、民主党の小西洋之や共産党の吉良佳子が日本国民を対象としてノー […]