たかまさ's WebSite

反日を見抜こう

近年日本の大手新聞は読む価値が無くなった。

理由は簡単である。朝日や毎日は自分たちの主張だけを書き殴り、国民の知りたい記事は書かないからだ。どんなに保守勢力が得票しようとそれが民意だとは書かない。どんなに中国や朝鮮が理不尽なことを云おうと、そのことには反論せず日本人を窘めるようなことを書く。しかも自分たちの主張に沿った評論や意見を言う人々だけを紙面に登場させて、それが民意のような記事を書くのだから読んでもしょうがない物になってしまった。

すでに時代はネットで直接事実を知ることや、あらゆる意見を見聞きすることができる。新聞の紙面を飾る評論家や文化人などの論評や意見は陳腐を通り越して冗談でしかなくなっている。特に「特定機密保護法」に関するマスコミの反対記事には嘘やデマばかりで、意見を言う文化人やら芸能人のバカバカしいほどの論評はもはや悪質なアジテーションでしかない。

すでに出兵経験者はいなくなり中途半端に知っている者しかいない現在では、日本が置かれている現状を知らずに、観念論的にしかモノを言えない輩が多すぎる。菅原文太や奈良岡朋子などが新聞で言っていることは誤解を通り越して既に反日漫画の世界だ。

公務員の国家機密に関する秘守義務などは議論の余地の無いほどの常識的なものである。敗戦後の日本では国家機密の漏洩など日常的に発生していたのだ。スパイ天国と云われる所以だったのである。それを取り締まろうという法律に日本のマスコミや文化人が反対するのはなぜなのか。

これこそが日本に共産中国や北朝鮮のスパイや工作員が入り込んでいる証拠なのだ。共産主義者や反日主義者は日本がまともな国家になることを警戒している。侵略をしてくると考えるからではない。牛耳れなくなるからだ。敗戦後の日本は共産中国や朝鮮に巨額で膨大な金をゆすり取られてきた。彼らはこの先永遠に日本からむしり取ろうと考えているのだ。まともな国家になって貰っては困るのである。

今の日本の文化人や芸能人には共産主義者や共産主義シンパが多く存在している。誰がそうかは今回の「機密保護法」に反対しているかどうかで判る。映画監督や小説家などにも共産主義シンパ、反日主義者は多く存在する。見分ける良い機会である。そう意味なら大新聞も読む価値はあるかもしれない。