歴史修正主義とは

共産主義者や社会主義者、朝日などの大手マスコミは、日本の敗戦後GHQが洗脳して日本人に教え込んだ「日本悪玉史観」を変更しようとする保守系の人間に対して「歴史修正主義者」というレッテルを貼って罵詈雑言を浴びせている。

本来「修正」とは間違っていることを正しく改めるという意味だから、それを罵倒するというのは妙な話だが、彼らは一向に気が付いていないようだ。

気づかない理由は簡単で、共産主義者が言う「修正主義者」とは、本来純粋な共産主義を修正して間違った主義を唱える者のことを言うので、彼らにしてみればGHQが教え込んだ日本悪玉史観は正しくて、それを修正することは間違っていると思っているからだ。彼らはもはや日本語もろくに使えなくなっている。

民主党政権の幹事長だった仙谷由人が自衛隊のことを暴力装置と呼んで謝ったことがあったが、共産主義者が認識している軍隊は正に暴力装置で革命の先兵か侵略の道具でしかないのだ。国防軍という概念などないのでつい本音を言ってしまったということだ。

つまりGHQが洗脳して広めた日本悪玉史観などは間違っているので正しい歴史観を持とうという保守系の人間は、共産主義者にとっては修正主義者として許せない悪魔的存在なのである。

自分たちの代表者である首相を悪魔呼ばわりしたり、人間じゃないなどと誹謗したりするのは、すでに知性を失っている狂信者の証拠だろう。

共産主義者は言論の自由など認めない。自分たちの考えに反する意見や言論は粛正しなければならないと思っている。だからソ連でも共産中国でも修正主義者は粛正と称して皆殺しにした。

元社会党の元委員長だった土井たか子は「ダメなものはダメ!」と言って国会で議論すら拒否した。共産主義者や社会主義者は全体主義なので異なる意見など認めないのだ。話し合う余地が無いのである。

現在の日本の野党の大半は全体主義者である。間違ってはならない。共産主義者や社会主義者は民主主義者ではない。言論の自由など認めない。だから批判されると裁判に訴えるのだ。

しかも彼らは批判されると言論の自由を侵されたと言いつのる。他人の自由は認めず自分の自由は大上段に振りかざす。それが共産主義者や社会主義者の本性であり習性だ。これは民族主義者や国粋主義者にも当てはまることである。極左も極右も他を認めないからだ。

なぜそうなるかというと、全体主義者は絶対正義を盲信しているからだ。自分の考えだけが正しいと思っているからである。だから自分と違う考えの人間は許せないのだ。狂信的というのはそういう意味だ。

こういう傾向は信仰心の強い宗教信者に多く現れる。敬虔なキリスト教徒は自分たちが信じる神以外を信じる人間を悪魔と称して殺しまくってきた。あるいは改宗させようとして拷問をし洗脳してきた。

日本と戦ったキリスト教徒のアメリカ人の中には多神教徒の日本人を人間なのか?と本気で疑っていた者すらいたという。原爆を投下させたトルーマンは日本人を「けだもの」と呼んでいたのだ。だから原爆の実験台にできたのだろうと思う。

トルーマンが日本人を「けだもの」と呼んだことについては原因がある。彼は叔父のウィルから「創造主は土塊からアダム(白人)を造り、泥から黒人を造って、残りを捨てたところ黄色人種が生まれた」と教えられてきたので、叔父同様にアジア人や日本人は嫌いだと妻への手紙に書いているのだ。白人キリスト教徒の人種偏見は大量殺戮の動機にもなる例だろう。

共産革命でも夥しい自由主義者や修正主義者が殺された。あるいは拷問されて洗脳されたり自己批判させられた。共産主義が宗教的と言われる所以である。

共産主義者に「歴史修正主義者」と思われたら喜ぶべきである。正しい歴史を知ろうとしているからに他ならないからだ。