真夏の千代田下2

2018年7月13日(金) 千代田下桟橋右端2番目
タナ:1本~底 10尺 両ダンゴ

今日も予報は曇りだったが、朝靄が出ていて風もなく、なんかじっとりとした天気だった。早朝にもかかわらず蒸し暑さは相当なものだった。今日は両ダンゴで少し浅いタナを攻めることにした。浮子も軽いものにして落ち込みアタリが取れるようにと思ったのだが、なかなか思うようにはいかなかった。メーター釣りもしてみた。結構沖に浮子があって今までにない感じの釣りになった。

寄りは結構早くから見られた。タナは思った通り高いようだ。ヘラの魚影も浮子の先に見える。速攻浅ダナの浮子なので馴染むまでが勝負だ。これも結構面白い。馴染みきってしまったら餌切りである。こういう釣り方はあまりしたことがなかったが、浅ダナの両ダンゴでは有効なのかも知れない。馴染む寸前にアタリが出ると乗る確率が高い。

1枚目は馴染み際のアタリだった。8寸くらいの小型。スマホが車の中だったので写真はなし。2枚目も同じような馴染み際のアタリで乗った。先客の人たちの中にまだ竿を絞っていない人がいるようだったがお先に失礼って感じだった。

3枚目は落ち込みに近いアタリだった。馴染む前のアタリに合わせて乗った。型は良かった。ずっしりと重い千代田下の良型だ。浅いタナにこういう良い型がいるのだ。もう少し喰ってくれると良いんだがなあと思う。タナはほとんどメーターに近かった。しかしその後はなかなか続かない。これも千代田下の特徴だ。
4枚目は綺麗なツンで乗った。こういうアタリで乗るとその日一日が満足な日になる。単純だがこれが趣味というものなのだろう。今日はそういう趣味人間が桟橋にずらっと並んだ。風がない日だったので昼までは暑いのなんの。傘の日陰は良いのだが風が少しほしかったなあ。午後からは少し出たけどね。今日も長竿が有利だったようだ。短竿では午前中が精一杯。午後からは長竿で深場のヘラを狙わないと釣れない感じだった。朝方先客でよく見かける人が「ダンゴ?」と聞いてきた。意外だったようだ。セット釣りをしているのをいつも見ているからだろう。

夏真っ盛りでも千代田下はセオリーどおりとはいかない。それでも両ダンゴで浅ダナを狙うと型が良いので面白いと思う。次回は少し沖目を狙って13尺か15尺を振ってみようかと思うのだが・・・。