連続で千代田下

2018年10月15日(月) 千代田下下流桟橋右端
天候:曇り セット釣り9尺 タナ:1本~2本

天候を見ながらだったが曇りで雨にはならなさそうだったので出かけることにした。結構気温は低い。急に寒くなってきたので薄手のダウンベストを着ていった。

現地到着は7時ごろだった。先客が3人。桟橋右側の3番目に先客がいたので声をかけて端っこに入れてもらった。今日は一段と水が澄んでいる。桟橋下には5,6匹の鯉がうろうろしていた。左隣の先客は16尺のセットで、タナ2本だったそうだが、竿を絞っていた。聞くと明け方からいて、5枚続けて釣れたという。

今日は短尺で徹底してセット釣りをしようと決めていた。クワセは感嘆Ⅱにした。打ち返して30分くらいしてサワリが出始めた。今日は寄りが早い。隣では盛んに合わせている。空振りが多くなったと愚痴っていた。

8時少し前ツンアタリで早くも今日の1枚。

鱗が剥がれて血がにじんでいる。スレで痛めたのだろう。9寸くらい。今日は活性が良さそうだった。ところが隣の先客さんは8時を過ぎたら気配が無くなったと嘆いている。こっちはこれからなのにと思ったが、餌を振り込む辺りに魚影が見え隠れするようになった。寄りは結構ありそうだ。今日は先だっての教訓から段差を長くしてみた。アタリは結構出るようになった。スレも時々ある。

先日もあったが今日もブルーギルが釣れた。

どっから入り込んできたのだろうか。こいつは他の魚の卵を食べてしまう厄介な奴だ。ブラックバスやブルーギルなどは人が持ち込まないと繁殖するはずはない外来種だ。日本の自然環境を破壊するのはいつも日本人自身である。こいつに罪はないがブラックバス同様に醜い姿だ。

アタリは頻繁に出るようになったがなかなか乗らない。1時間1~2枚ペース。4枚目に今日一の良型が上がった。

尺2寸はある良型だ。この時のタナは1本程度だった。浅ダナには良型がいるのだ。
今日のバラケはパワーサナギの残り物を主体に、残っていたダンゴ系の餌を混ぜて使った。餌自体が軽かったせいもあって少し上ずり気味だったかもしれない。時折良いアタリでスレということがあった。その度にハリス切れ。やはり段差が長いとスレ易いのはやむを得ない。しかし底釣りでアタリが無いと嘆いている他の人たちよりは、アタリが途切れずに出ている状況は悪くはなかった。

午後になって時折無風になる釣り日和になった。陽は出なかったが気持ち良かった。2時過ぎには小雨が降ったせいもあり、桟橋のほとんどの釣り人は帰ってしまった。左隣にいた先客も結局8枚で納竿した。10時以降は全く釣果なく、ジャミにも悩まされていたようだ。

横浜に行く予定があったので3時までするつもりでいたが、7枚目が3時ちょっと前に上がって餌も余っていたので結局4時までになった。枚数は少ないがポツポツと釣っていたので左隣に後で入った爺さんに「お父さんよく釣るね。上手だな。」と言われた。その人は底釣りでボウズだったようだ。よく見かける人である。

7枚目の元気印。

段差を長くつけるやり方は有効だった。もっとバラケをうまく作れば効果は出ると思う。途切れなくアタリを出すには寄せたヘラを散らさずにいることが大事だ。スレアタリも強く合わせずにいるとすぐに針が外れるので暴れさすことがない。できるだけ強く合わせることをしない釣りを心がけようと思っている。

あちこちで釣り場がなくなってきているという話を聞いた。宮沢湖の次には鎌北湖も釣りが出来なくなるかもしれないという。震生湖も釣り船は止めるのだそうだ。川副商店が2代目でやる気がないのだという。昔通った釣り場はどんどん無くなっていく。ヘラ釣師の人口が減っていけば釣り場自体がなくなってしまうということである。その点では千代田下は貴重な釣り場といえる。